任意売却する前に住宅ローンと不動産担保ローンの借り換えを学ぼう

つみきの家と電卓

返済が滞ってしまったら

一軒家の模型

住宅ローンの返済が滞ると最初は融資してもらっている金融機関から督促状が届くようになります。この状態のままさらに滞納を続けると、金融機関は保証会社に一括での返済を求め、保証会社が金融機関へその分を支払います。これが代位弁済です。そしてこの代位弁済が行われると保証会社はその分を回収するために物件を競売にかける手続きをとります。この競売で物件を処分されてしまう前に行うことができる手続きが任意売却です。またケースによっては引っ越し費用などを捻出できることもあります。物件が競売にかけられるとその詳細は公表され、近所の人や知り合いにもマイホームが競売にかけられたことを知られるようになります。また一般的に競売による落札価格は通常の不動産取引の相場より安くなります。一方任意売却の場合は市場価格に近い価格での売却も可能で他人に不動産売却の詳細な事情を知られることなく手続きを進めることもできるのです。住宅ローンの返済が難しくなった場合、同じマイホームを手放すとしても物件が競売にかけられてしまうと家を明け渡す期日も定められ、時には強制執行される場合もあります。一方任意売却のケースでは債権者との協議によって期日の希望を考慮してもらうことも可能です。その他にもメリットが多くありますが、この手続きを行うためには競売で処分されてしまう前に手を打たなければなりません。そのため任意売却の際は迅速な決断が大切という点も頭に入れておく必要があります。毎月の返済が厳しいという時は、早めに利息の低いローンへ借り換えする方法もあります。借り換えすることで、毎月の支払い額を減らし、元金返済も早くなります。

住宅ローンと任意売却

男性

住宅ローンを返済することが難しくなった時には、任意売却をする方法があります。支払いが出来ないからといってそのまま放置しておくと残りの返済を一括でしなければならない状態になってしまいます。

不動産担保ローンとは

アパート

不動産担保では物件などを担保にすることも可能です。その場合、保証人などをたてる必要がないですし、低い金利で利用出来ます。また、負担にならないような方法を選択することも大切です。

任意売却の良し悪し

男性

任意売却にメリットとデメリットがあるので、どちらの情報もしっかりと把握しておくようにしましょう。それらを熟知した上で万が一の時に正しい対応が出来るように心がけることが大切です。