任意売却する前に住宅ローンと不動産担保ローンの借り換えを学ぼう

家の模型と電卓

不動産担保ローンとは

アパート

不動産担保ローンの担保として差し入れる不動産は、どんな物件でも原則として可能です。一戸建て住宅やマンション、更地や駐車場として貸し出している土地などどのような態様をとっていても担保として認められることがほとんどです。

保証人をたてる必要がないというのも、不動産担保ローンの大きな魅力です。他の貸付のようにわざわざ保証人となってくれる人を探すなどをして頼み込まなくてよいので、手間が一切かかりません。心理的にも楽なのがよいところです。

不動産担保ローンは返済期間がきわめて長いので、じっくりと腰を据えて返済をしたいという人にも打ってつけです。なかには30年を超える返済期間を設定できる場合もあるので、どんなライフプランにも対応してくれます。ですから、自分にあったプランを選ぶことが重要となるでしょう。将来的に負担にならないようにしっかりと考えておく必要があります。

不動産担保ローンは借り入れの時に手持ちの不動産を担保とするので、他のローンより低金利となっています。返済期間が長いローンになると、わずかな金利の差で返済金額に大きな影響がでてきてしまいます。借り入れのときには少しでも金利の安い貸し手を見つけたいものです。

不動産担保ローンは、保証人不要で返済期間も自由に設定できるなど、数えられないほどの長所があります。不動産という価値の安定している財産を所有している人だけが、このメリットを享受できます。融資が必要なときには力強い味方となってくれます。