任意売却する前に住宅ローンと不動産担保ローンの借り換えを学ぼう

家の模型と電卓

任意売却の良し悪し

男性

任意売却のメリットとして、競売よりも高額で住宅を売却することができることが挙げられます。競売では、近所にも事情が明らかになってしまう懸念もあり、デメリットの多い選択です。売却後からの残りの返済プランを見直すこともできるので、新たな気持ちで再スタートすることができます。リースバックを利用すれば、住宅に住み続けることもできます。

任意売却には、手続きに手間がかかるなど、負担が多いといったデメリットもあります。金融機関、住宅購入を希望している方、保証人など多くの関係者がいるので、全員と連絡をしっかりしておく必要があります。各関係者との良好な関係を築いておくと、スムーズに事を運ぶことができるので、滞納する前に相談するなど、日頃からの心がけが大切です。任意売却におけるプロセスを委託することができる、専門業者の利用も検討してください。

任意売却は認められている制度ではありますが、関係機関、関係者にとってはあまり歓迎されないこともあります。住宅ローンの返済計画は、収入の状況などを予め相談しておけば、変更や対応可能なこともあります。何事も放っておかずに、一番の当事者であることを意識して、早めに行動を起こすことが大切です。ピンチの時こそ、誠実な対応を心がけることで、周囲の協力を得やすくなります。